予防
  1. ザイロリックで痛風予防   >  
  2. 痛風の症状まとめ

痛風になるまで

まとめ

痛風=風が吹いただけで激痛が走る病気として有名であります。
その痛みの強度はかなりのものであり、場合によっては普通の生活がままならないほどの痛みがあるともいわれています。
そしてこの痛風の痛みが表れる代表的な箇所は足の親指の関節になります。
足が痛くなると、歩行にも支障をきたすため出来る限りはやく痛みを止める必要があるようです。

痛みの予兆があるのか?
この痛風のやっかいなところは、痛みはかなり激痛であるのに予兆がほとんどなく、何の前触れもなく突然発症するケースがほとんどになります。

どのようにして痛みが発症しているのか?
この痛みが表れる一番の原因は尿酸に関係があります。
この尿酸は、一般人でも毎日体内で生産されている物質になります。
体液や血液内からからめ捕られて尿として排泄されるのですが、尿酸が過剰に生産されたり、尿酸の排泄スピードが追いつかなかったりすると体内に溜めておける尿酸の許容範囲外になってしまいます。
この許容範囲からもれた尿酸は蓄積されていき、しだいに体内で結晶化していきます。
このまま尿酸の濃度が高いままだと、その結晶の進行はすすみ関節の内面に溜まっていきます。
この溜まった結晶を血液中に含まれる白血球が異物だと判断して攻撃をしてしまうことで痛みが発生してしまします。

下半身に痛みが集中する事がおおい
この痛風の痛みの発症は、主に下半身に多いとされています。
中には手の指や手首などに発症することもなくはないのですが、それはほとんどおこることなく、足の親指、足の甲くるぶしや足首などの下半身が中心に発症するようです。
痛風の痛みが発症するとき、見てわかるほど腫れがひどくなり、ひどい場合は関節が変形して歩行困難になる場合もあります。